東ドイツの切手


東ドイツ製の切手。
先日、吉祥寺にある「ゲミュートリヒ」というドイツ雑貨屋さんで購入しました。
ドイツ・ベルリンの部屋をイメージしたという店内には、ドイツ製品がいっぱい。
偶然に入ったお店でしたが、店主の方のドイツ愛に溢れていて、可愛らしいお店でした。

さて、この切手。ライプツィヒにある楽器博物館の記念切手だったのでしょうか。
今では見慣れない楽器が美しく彩色されています。
ライプツィヒは「音楽の父」バッハが1723年から亡くなる1750年まで、
教会音楽家として住んでいた街。音楽と所縁が深い。
さらに旧東ドイツ時代はベルリンに次ぐ第2の都市として、いろいろな面で
影響力のある都市でもありました。
東ドイツ時代に建設された興味深い建築がたくさんありますが、
それらについては、また別の機会で。


 


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

mobile

qrcode