台風19号上陸

前回の台風被害の傷が癒えない中で、台風19号が上陸。

昨日の何もない陳列棚を前にしたときの軽い衝撃は、

従来の安全に安住して、迫りつつある自然の脅威の現実に、

あまりにも無防備な自分がいたことによる気がします。

 

温暖化によると言われる異常気象が日常化してしまっている今日、

建築や都市のインフラの形態にも影響してくるのではないでしょうか。

簡単に思いつくだけでも、雨樋径を計算する際の降雨量基準、

庇強度検討のための風速、雨水処理する下水道管径のサイズなど…

どれも制度やインフラを整備するために時間と費用がかかる話。

遅まきながら、建築を作る者としてできる限り具体的な対応を

していきたいと思います。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

mobile

qrcode